So-net無料ブログ作成
検索選択
メインブログ
LMN研究所 @tada-de-English
http://tada-de-english.blog.so-net.ne.jp/

高1時代の夏に(4)-本番直後 [YAMATO高校♪合唱部]

4月下旬から8月下旬まで、
約4ヶ月に及んだ練習の日々。

課題曲そして自由曲を、
何百回いや千回以上は繰り返したかもしれません。

それを今、
たった10分足らずの時間で全てを出し尽くす。

短いような長いような、
やっぱり短いような不思議な感覚でした。

[2][1]番手として、
2曲とも無事に演奏終了し、
拍手を聞きながら舞台裏へと抜けます。

ようやく、
「あぁ、終わった・・・。」
とホッとして周りを見る余裕ができました。

・・・と、
すぐ目の前にいる女声の先輩が泣いています。

あの人も、
この人も、
女声のほぼ全員。

女の人が集団で同時に泣いているという光景は、
人生で初めてです。

「みんな、どうしたんでしょう?」
と僕。

「ん?まだ、わかんねーか、お前には。」
と3年の先輩。

「え?もしかして毎年とか?」
と僕。

「そうだよ。」
と先輩。

舞台裏を進んで行くと、
先に演奏を終えて舞台裏で聞いていた他校の人達が寄って来て、
「良かったですよ。」「凄かったです。」
とウチの指揮者に声を掛けてくれました。

自分達の席に着くと、
残りは数校を残すのみ。

そして、
最終校の演奏が終わりました。

NHKアナウンサー

それでは審査に入ります。
発表までの間、みなさん、30分程お待ちください。


拍手でNHKアナウンサーを見送ると、
何の合図もなしに、いきなり全員が起立。

あわてて僕も起立しました。

すると、
ウチの指揮者が「校歌!」と叫びながら、
最初の音を鳴らしています。

指揮者が「1、2、3!」とタクトを振ります。

♪緑あやなす相模野は 若い力の 若い英知の 湧き立つ泉♪

ウチだけではありません。

会場のアチコチで校歌が響き渡っています。

演奏が終われば周囲の学校は拍手喝采。

間髪入れずに今度は別の高校が、
今では中学生が歌う程に人気な過去のNコン課題曲を歌い始めました。

すると周囲もそれに合わせて合唱です。
アッチの方では別の曲を歌っています。
3曲、4曲が同時進行です。

この審査時間中の自由奔放な合唱は、
必ず毎年、自然発生するんだそうで。

そのうち、
4つ⇒3つ⇒2つ⇒1つと集団が集約され、
とうとう会場にいる全員で1つの曲を歌い始めました。

たくさん歌ったのでハッキリとは覚えていませんが、
最後はコレだったと思います。
 

大地讃頌〔混声4部合唱 EME-C4001〕

大地讃頌(だいちさんしょう)
〔混声4部合唱 EME-C4001〕

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ウィンズスコア
  • 発売日: 2013/07/19
  • メディア: 楽譜


途中の長いピアノ伴奏は全員で口で!(笑)

1000人を超えると思われる、
会場内の合唱関係者全員が声の限りに歌う。

とにかく、ものすごい大迫力。

最後は全員でお互いを讃える大拍手!

大合唱が終わるタイミングを見計らっていたのか、
その大拍手の中、
NHKアナウンサーと審査委員長が壇上に現れました。

審査委員長
審査をしながら、皆さんの伸び伸びとした合唱を聞いていました。
本番でも同じくらい伸び伸びと演奏すれば良かったのにと思うほどです。
審査時間に全員で合唱するという事は、他県では見られません。
非常に素晴らしく、感動的でした。

それでは、審査結果を発表致します。

まずは、優良賞です。
●番 ●●高校、▲▲番 ▲▲高校、■番 ■■■高校。
以上、3校、おめでとうございます。


ウチの高校名は呼ばれませんでした。

名前を呼ばれた高校は、
「キャー」「ウォー」
の入り混じった奇声を発しています。

当然、周りの我々は拍手です。

ただ、
当校のOB達は
「今年もダメだったか・・・」
といった顔をしていました。

発表は続きます。


続いて優秀賞です。

○○番 ○○高校、もう1校は、にじゅう・・・
歌え!  多摩川高校合唱部

歌え! 多摩川高校合唱部

  • 作者: 本田 有明
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: 単行本
くちびるに歌を

くちびるに歌を

  • 作者: 中田 永一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

♪ヒロシマのー川のほとりー ヒロシマのー・・・♪ [YAMATO高校♪合唱部]

過去記事2011-09-01を改訂して再アップしました。

Full text of Obama's speech
at Hiroshima Peace Memorial Park
http://mainichi.jp/english/articles/20160527/p2a/00m/0na/037000c
動画つき
オバマ大統領のヒロシマ演説.JPG

サブブログ
◆That's why I sing...◆

だから僕は歌うのです。
http://hironaga-yuusuke.blog.so-net.ne.jp/
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

混声合唱のための
レクイエム「碑」1. 序章

https://www.youtube.com/watch?v=VvF3FbciwTo
演奏

広島観音高等学校音楽部OB合唱団(指揮:益田遙/ピアノ伴奏­:奈良康佑)
 
楽譜 森脇憲三/混声合唱のためのレクイエム「碑」 /合唱ライブラリー

作者: 森脇憲三
出版社/メーカー: 全音楽譜出版社
発売日: 2013/09 メディア: 単行本

いしぶみ―広島二中一年生全滅の記録いしぶみ
―広島二中一年生全滅の記録
作者:
出版社/メーカー: ポプラ社
発売日: 2005/07
メディア: 単行本

20130819-234384-1-L.jpg


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

僕はソリストになれますか? [だって塾講師だから]


リオ五輪、錦織圭の試合中継が時間の都合で突然終わって.png
大丈夫! キミならできる!: 松岡修造の熱血応援メッセージ (河出文庫)

大丈夫!
キミならできる!

:
松岡修造の熱血応援メッセージ
(河出文庫)

  • 作者: 松岡 修造
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/07/06
  • メディア: 文庫
【注】この新聞はジョークです。
2826_265810146868322_1935854117_n.jpg

                 ネバーギブアップか。。。

高1時代の夏に(5)-審査発表
http://hironaga-yuusuke.blog.so-net.ne.jp/2014-08-23 
[YAMATO高校♪合唱部]


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

8月15日◆僕は祖父の顔を知らない [YAMATO高校♪合唱部]

尖閣諸島・沖縄 等 ブログトーナメント - 地域生活(街) 沖縄ブログ村
優勝

戦艦大和講義: 私たちにとって太平洋戦争とは何か

戦艦大和講義:
私たちにとって太平洋戦争とは何か

  • 作者: 一ノ瀬 俊也
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2015/04/07
  • メディア: 単行本

815日は「【終】戦の日」か「【敗】戦の日」かという論争がある。


なぜ、そんな論争をしているのか。
そんな事、どっちだって、いいじゃないか。
もっと大切な事があるだろう。

人を殺すために、出征したまま帰らぬ人となった、父方の祖父。
僕は祖父について、名前しか知らない。
父自身は、父親の記憶がほとんどない。

それを知ったのは初めて父方の実家を訪れた小3の冬だった。
「なんでオバアちゃんしかいないの?オジイちゃん、どこ?」
「オジイちゃんはね、戦艦大和乗っちょってたけん。」


初めて会う祖母が遺影を指差しながら聞き慣れぬ言葉で教えてくれた。
その誇らし気な顔が、なぜか幼心に気になった。

数年後に知る戦艦大和の正体。


EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]

EMOTION the Best
宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD

爆風に吹き飛ばされる名も無き戦士たち。

あれが祖父の姿かと。

勝とうが負けようが、戦争は戦争。
日本は敗戦国。
敗戦は結果。

原爆は余りにも酷い。
しかし、先に手を出したのは?
被害者意識で、夏ばかり騒ぐのは偏った見方だ。

日本とアメリカ・・・どちらも被害者なのだ。

先に奪った側が奪った事を忘れていて良いのか。
奪われた事だけ騒いでいて良いのか。

戦争は何も生み出さない。
奪うだけ。
失うだけ。

望まないのに、人が人を殺しに行った。
望まないのに、人が人に殺されに行った。
望まないのに、人が自ら死を選んで自害した。

8月15日に、日本は戦争に負けた。
8月15日に、日本の戦争は終わった。
8月15日を境に、狂っていた日本が変わった。

「終戦の日」か「敗戦の日」か。
そんな事、どっちだって、いいじゃないか。
どっちも本当だ。
どっちも真実だ。

勝とうが負けようが、戦争は戦争。
「勝った」か「負けた」かの問題ではない。
「終戦」か「敗戦」かで論争している場合じゃない。

もっと大切な事があるだろう。
二度と過ちを犯してはならないのだ。
一人一人、この気持ちを胸にして、大切に守って受け継いでいこう。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

  • 作者: 加藤 陽子
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2009/07/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域